みんなの森ぎふメディアコスモスの新図書館長さん

今日はみんなの森ぎふメディアコスモス内に間もなくオープンする岐阜市立図書館に、民間公募で選ればれ、この4月1日から就任された吉成信夫図書館長に、民間出身ならではの工夫を凝らした図書館を案内していただきました。

吉成さんは現在もNPO法人岩手子ども環境研究所の理事長であり、今回は館長公募の情報をFacebookでキャッチし、その情報だけで遠い東北の地から募集されたとのこと。
その若々しいチャレンジ精神にまず感銘。

オープンに向けて慌ただしく作業されている中、まず案内していただいたのが司書さんがおすすめする本の紹介コーナー。
それぞれの思いが込められた紹介文と共に多様な本が並んでいました。本のプロがおすすめする書籍とは、なかなか興味深い。思わず読んでみたくなります。

司書さんがそれぞれのコーナーを受け持ち、その人ならではの工夫を凝らし本をアピールする取り組み。

本を紹介するかわいいポップが、本屋さんのようです。
吉成館長は「まさに本屋さんのようにしたい。司書さんがいろんな工夫でお客さんに本をアピールしてもらいたい。」と話されていました。

ここには、本の貸出返却をし管理をする司書さんのイメージとはかけ離れた司書さんの仕事あり、大変そうですが楽しんで働いている司書さんが印象的でした。

郷土資料のコーナーも、なぜか観光案内所のように。
今手に持った本が、市内のどこを紹介した資料なのか地図でわかるようにしたいとのこと。
普通の観光案内所にない隠れた名所を紹介できるようにしていきたいんだとか。

他にも紹介しきれないほどの、吉成館長のアイデアがそこかしこに盛り込まれていましが、7月18日のオープンを楽しみにして下さい。
わくわく、どきどきするような図書館ですよ♪

 

建物が完成した「ぎふメディアコスモス」

DSC00606-1図書館を中心とした複合施設「ぎふメディアコスモス」の建物が完成しました。

DSC00611全てが図書館スペースとなる2階は、全国中核市中3位となる、床面積9,400㎡ の広さ。フロアは間仕切りが無く、「グローブ」と呼ぶ白く丸い傘の下に、各種コーナーを設け、開放的な空間となっています。
ここは図書の貸し出しを行う「レファレンスコーナー」。

DSC00609正面エントランスから2階へ上がるエスカレーター上の天井も自然光を採り入れた優しい雰囲気に。

DSC00621この建物の最大の特徴でもある、山並みを模した木屋根。館内からもその美しさが見て取れます。

DSC006312階のあちこちに、テラスが張り出す。
ここは金華山の眺望を楽しむ「金華山テラス」。
オープン時にはここにも椅子やテーブルが並べられ、天気の良い日は金華山の景色を眺めながら読書ができます。

DSC00628私も強く要望してきた滞在型図書館としての機能充実。
その取り組みの一つ、としてガラスの壁に沿い机と椅子が据え付けられます。
結果、館内の座席数は全て合わせて910席になります。

DSC00635一階は市民活動や文化・芸術活動を支援するさまざまなスペースが配置。これはそのうちの一つで、講演会やセミナーなどに利用できる「かんがえるスタジオ」。

DSC00640さまざまな展示ができる「みんなのギャラリー」。

DSC00641式典や講演会、各種文学講座など、発表の場に活用できる「みんなのホール」。

現在、7月18日のオープンに向けて、備品の搬入、内装工事が着々と進められていました。

 

 

ぎふメディアコスモス

DSC00365今日は、取材を兼ねて完成間近の複合施設「ぎふメディアコスモス」を視察。
世界的に有名な建築家伊藤豊夫氏が設計した、このぎふメディアコスモスは、工事が終盤を迎えその特徴的な外観が姿をあらわしてきている。

DSC00369建物の一番の特徴はなんといっても、金華山の山波を模した波打つように起伏のある木造の屋根。図書館フロアとなる、内部からもその構造がはっきりと見て取れる。
この起伏はデザイン性に加え、室内の空気が自然に循環するのにも効果的な形状となっている。大きなもので4m程度のマウンドと呼ばれる山が全部で13個。岐阜市はこれほど大きいうねった木屋根は世界で初めてともいう。
また、図書館内部も写真の通り、間仕切りを使用せず、この白いグローブと呼ばれる11個屋根の下にそれぞれ閲覧スペースを設け、開放感を演出してる。

昨年夏の大雨などで工期に遅れが出ているが、オープンは予定どおり今年の夏になっている。

岐阜市総合防災訓練

IMG_3499
IMG_3488
大規模災害時の災害応急対策を円滑に行うために、市・防災関係機関・自主防災組織のと地域の企業を交えて、岐阜市総合防災訓練が開催された。

IMG_3486 IMG_3496 IMG_3493
これには岐阜県警や国交省、自衛隊も参加。
あいにくの雨であったが、いざという時の為の、各機関の連携を確認した。

8月1日から小型家電リサイクルが始まります

IMG_2661
国において公明党が推進してきた小型家電のリサイクル。
岐阜市でも8月1日から回収が始まります。今日は市役所に回収ボックスが届きました。

今回、回収対象とするのは、携帯電話、PHS、ノートパソコン、デジタルカメラ、ビデオカメラ、MDプレイヤー等々16品目。
市役所本庁舎、南庁舎と、市内3箇所にある粗大ごみ自己搬入施設に回収ボックスが設置されます。
資源の乏しい日本にとって、都市鉱山とも呼ばれる不要となった多くの家電製品、少しでも多く回収し、再び資源として活用できるようご協力をお願いします。

岐阜市小型家電リサイクルの案内

岐阜公園総合案内所前にて朝市始まる

DSC01004
長良川温泉など観光宿泊客の朝の催しとして、また、地域の買い物支援策として、今日から毎月第4日曜日に、岐阜公園総合案内所前にて朝市が始まりました。

8:30から午前中のみの開催で、初日の今日は、あいにくの雨空にもかかわらず開始前に行列ができるほどの盛況ぶり。
今後は、品数や出展数も増やしていく予定です。

「道路老朽化対策」パネル展を開催中

140618_1
公明党も「防災減災ニューディール政策」の中で取り組みを進めている「道路老朽化対策」。その一環として、道路インフラの現状を広く皆様にご紹介することを目的に「道路の老朽化対策」のパネル展を、国土交通省が開催しています。

高度経済成長期に集中的に整備された道路施設は急速に高齢化が進むことが確実で、老朽化対策は喫緊の課題となっています。
道路は、国民の共用資産であり、少しでも長く使えるようにきめ細かい点検と修繕を行って次世代へ引き継いでいくことが必要と考えています。
一方で、多くの道路インフラを管理する地方公共団体は、予算・人員・技術の面で課題を抱えています。
岐阜県においては、平成 26 年 4 月 25 日に国、県、市町村、高速道路会社などからなる「岐阜県道路メンテナンス会議(会長:岐阜国道事務所長)」を発足し、道路インフラの予防保全・老朽化対策の体制強化を図り、円滑な道路管理の促進と道路構造物の予防保全・老朽化対策を進めております。

現在は岐阜市役所ロビーで展示中。子ども向けのパネルもあります。是非ご覧ください

IMRT用高精度放射線治療装置見学会

IMG_2403
2009年より、約128億円をかけて行った改築・整備事業は昨年度までに完了。外来診療棟と西病棟を11階建ての西診療棟に建てかえた他、救急診療や休日診療部門の入る玄関棟・ロビーを新築。また立体駐車場を新たに設置することで駐車台数を102台増となる318台確保。病院前の渋滞も緩和され、「医療・健康立市ぎふ」の核を担う施設として、これまで以上に期待が高まっている岐阜市民病院。
今年度は、治療設備の充実として、がんに放射線を集中照射する治療法「強度変調放射線治療(IMRT)の開始が予定されており、今日はその設備の見学会が開催された。

DSC00954
放射線治療では、腫瘍のみに放射線を当てるのが理想だが、ほぼ不可能。そのため、いかに正常細胞の被ばくを少なくして腫瘍へ多く放射線を当たられるかが重要になる。高度放射線治療(IMRT)は、従来よりも放射線を腫瘍に集中させ、照射線量を増やすことにより、治癒確立の向上が期待できる。また、腫瘍周囲にある正常組織への被ばくを減らすことによって、放射線による障害を少なくすることができるのである。
こうした設備の充実によって、市民の皆さんの健康維持に向け、市民病院がより一層大きな役割を担うことを期待する。

ドリームソーラーぎふ・太陽光発電所完成式

DSC00937
岐阜市の一般廃棄物最終処分場の埋立跡地を活用した、太陽光発電施設の工事が完了し、本日その完成式に出席した。

岐阜市北東部の北野地区にある、岐阜市一般廃棄物最終処分場は、旧処分場が一杯になり、既に新しく最終処分場を隣に作って運用を開始しているが、この程、埋め立てたが終わった最終処分場跡地約4万平米を民間企業に年間810万円の賃料で20年間提供。
民間企業が事業主体となる、太陽光発電施設が完成した。

細江市長と同僚の和田議員。

細江市長と同僚の和田議員。

同施設は、245Wの発電パネルを9,700枚使用。パネルの総出力は23,800Kw。
パワーコンディショナーを8基活用し、最大発電出力は1,990Kw。その一部を自立運転型にすることで、災害時、地域の非常用電源としても使用することが可能になっている。
20年間の平均年間予想発電電力量は2,439446Kwh/年で、約680戸の家庭の電力が賄える規模。
気象庁によると、岐阜市の日照時間は1981年からの30年間の平均で、47都道府県の県庁所在地で9番目に長い。市は太陽光発電に適しているとし、今後も再生可能エネルギーの導入促進を進めていく方針だ。

岐阜長良川の鵜飼い開き

P5110006今年も岐阜市内外から大勢の招待客を迎え、長良川の鵜飼いが開幕した。

P5110014
暖かく穏やかな、鵜飼日和の中、出航。

P5110033 P5110056今年初めての鵜飼を満喫。
10月15日まで毎日開催です。是非お越しを!

 長良川鵜飼:観覧申し込み

【岐阜市】長良川鵜飼開幕~山下純司、鵜と鵜匠の語らい~