みんなの森ぎふメディアコスモスの新図書館長さん

今日はみんなの森ぎふメディアコスモス内に間もなくオープンする岐阜市立図書館に、民間公募で選ればれ、この4月1日から就任された吉成信夫図書館長に、民間出身ならではの工夫を凝らした図書館を案内していただきました。

吉成さんは現在もNPO法人岩手子ども環境研究所の理事長であり、今回は館長公募の情報をFacebookでキャッチし、その情報だけで遠い東北の地から募集されたとのこと。
その若々しいチャレンジ精神にまず感銘。

オープンに向けて慌ただしく作業されている中、まず案内していただいたのが司書さんがおすすめする本の紹介コーナー。
それぞれの思いが込められた紹介文と共に多様な本が並んでいました。本のプロがおすすめする書籍とは、なかなか興味深い。思わず読んでみたくなります。

司書さんがそれぞれのコーナーを受け持ち、その人ならではの工夫を凝らし本をアピールする取り組み。

本を紹介するかわいいポップが、本屋さんのようです。
吉成館長は「まさに本屋さんのようにしたい。司書さんがいろんな工夫でお客さんに本をアピールしてもらいたい。」と話されていました。

ここには、本の貸出返却をし管理をする司書さんのイメージとはかけ離れた司書さんの仕事あり、大変そうですが楽しんで働いている司書さんが印象的でした。

郷土資料のコーナーも、なぜか観光案内所のように。
今手に持った本が、市内のどこを紹介した資料なのか地図でわかるようにしたいとのこと。
普通の観光案内所にない隠れた名所を紹介できるようにしていきたいんだとか。

他にも紹介しきれないほどの、吉成館長のアイデアがそこかしこに盛り込まれていましが、7月18日のオープンを楽しみにして下さい。
わくわく、どきどきするような図書館ですよ♪

 

地元小学校の卒業式

Evernote Camera Roll 20150325 151412卒業して30有余年、今日は母校でもある地元小学校の卒業式。
花冷えの寒さでしたが、子どもたちは卒業生も在校生も元気いっぱい合唱を披露してくれました。
未だに校歌を聞くと、思わず口ずさみ、楽しかった小学校の思い出が、懐かしさと共によみがえってきます。
毎年、一番に満開になる百葉箱横の桜が、今年も116名の生徒の卒業を祝ってくれていました。

 

会派別市長懇談会に出席

20150309-134821.jpg
3月議会を控え、恒例の議会前市長懇談会に出席。
3月議会は、新年度の予算を審議する議会であり、今年オープンする「ぎふメディアコスモス」や重要無形文化財の指定を受けた「鵜飼」など、新年度注目される事業について説明を受けた。
一方で国では、昨年の消費税増税と同時進行する形で、地域包括ケアシステムの導入や子育て支援関連法の成立など、社会保証制度の充実策が具体化している。
岐阜市でも、3年ごとに見直しを行っている高齢者福祉計画が改編の年となっているなど、新年度は社会保証制度改革の大きな節目となると受け止めている。
いわゆる、より地域の実情に応じた福祉サービスを自治体が主体となって再構築していかなければならなことから、こうした点を中心に岐阜市に相応しい福祉サービスとは何かをしっかり議論していきたい。

ぎふ鏡島長良川凧揚げ大会

20150226-110258.jpg
地元「鏡島まちづくり協議会」が主催する凧揚げ大会が今年も盛大に開催。
地域の皆さんが作った5mの大虻凧をはじめ、学校や地域でこの日までに作成した自作の凧を持ち寄ったり、その場で作った凧を思い思いに揚げていました。

20150226-114305.jpg
勢い良く揚がる連凧。
空き地が減り、凧揚げを楽しむ場所を見つけるのも難しい時代に貴重な行事です。