みんなの森ぎふメディアコスモスの新図書館長さん

今日はみんなの森ぎふメディアコスモス内に間もなくオープンする岐阜市立図書館に、民間公募で選ればれ、この4月1日から就任された吉成信夫図書館長に、民間出身ならではの工夫を凝らした図書館を案内していただきました。

吉成さんは現在もNPO法人岩手子ども環境研究所の理事長であり、今回は館長公募の情報をFacebookでキャッチし、その情報だけで遠い東北の地から募集されたとのこと。
その若々しいチャレンジ精神にまず感銘。

オープンに向けて慌ただしく作業されている中、まず案内していただいたのが司書さんがおすすめする本の紹介コーナー。
それぞれの思いが込められた紹介文と共に多様な本が並んでいました。本のプロがおすすめする書籍とは、なかなか興味深い。思わず読んでみたくなります。

司書さんがそれぞれのコーナーを受け持ち、その人ならではの工夫を凝らし本をアピールする取り組み。

本を紹介するかわいいポップが、本屋さんのようです。
吉成館長は「まさに本屋さんのようにしたい。司書さんがいろんな工夫でお客さんに本をアピールしてもらいたい。」と話されていました。

ここには、本の貸出返却をし管理をする司書さんのイメージとはかけ離れた司書さんの仕事あり、大変そうですが楽しんで働いている司書さんが印象的でした。

郷土資料のコーナーも、なぜか観光案内所のように。
今手に持った本が、市内のどこを紹介した資料なのか地図でわかるようにしたいとのこと。
普通の観光案内所にない隠れた名所を紹介できるようにしていきたいんだとか。

他にも紹介しきれないほどの、吉成館長のアイデアがそこかしこに盛り込まれていましが、7月18日のオープンを楽しみにして下さい。
わくわく、どきどきするような図書館ですよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。