2012年09月 06.電力買い取り制度の活用について

再生可能エネルギーの利用促進をめざした「固定価格買い取り制度」が7月1日からスタートしており、全国でこうした制度の活用を実際にはじめる自治体も出てきました。エネルギーの地産地消を推進する、本市としてもこうした制度を積極的に活用すべきだと思いますが、本市における電力買い取り制度に関する検討状況をお伺いします。


(自然共生部長)

日照時間が長いという本市の強みを生かし太陽光発電による「固定価格買取制度」の事業家が最も有効と考え、「メガソーラー発電事業」の事業化に向け検討、調査をすすめているところであります。

 

2012年9月7日 | カテゴリー :