2013年11月 06.小中学校校舎窓へ遮熱フィルムを設置することについて

小中学校のエアコン設置について、行政でご努力をいただき、岐阜市内全中学校と小学校4校は来年の平成26年の夏から、残りの小学校43校については再来年、平成27年の夏から使用できるよう、現在整備を進めていただいているところであります。
その上で、今回はエネルギーの利用効率を高める上で、校舎窓ガラスへの遮熱フィルムの設置について、お考えをお聞きしたいと思います。
省エネという観点では自然共生部も遮熱フィルムの施工を推奨しており、市役所本庁舎では既に、一部でフィルムの施工が実施されています。
ガラス窓が多い、学校の校舎にはエアコンの設置とあわせて、遮熱フィルムを施工すれば、省エネ効果が得られると同時に、生徒児童に対しても、省エネ意識の向上に繋がるのではないかと考えますがいかがでしょうか。

(教育委員会事務局長)
議員ご提案の遮熱フィルムにつきましては、フィルムの耐久性が10年から15年であること、さらには学校一校あたり数百万円程度の費用がかかることなどから、エアコン設置済みの中核市10市ではさいようされていないのが現状ですが、直射日光や紫外線の低減、断熱性など「エアコンの効率的、効果的な使用」の観点から一定の効果は期待できるものと考えています。
平成26年の夏からは小中学校26校でエアコンの使用が開始されますので、エアコンを実際に使用する中で、より効率的、効果的な運用方法について、検証してまいりたいと考えております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。