2014年09月 01.臨時福祉給付金及び子育て世帯特例給付金について

消費税増税後、逆進性の問題を考慮し、所得の低い方への負担軽減索として、住民税非課税世帯に「臨時福祉給付金」を、更に児童手当受給世帯には子ども一人毎に「子育て世帯臨時特例給付金」を支給することを政府が決定し、岐阜市でも支給の為の手続きが始まっております。
これら手続きの進捗状況について、及び一人ももれなく受給していただくための今後の周知啓発方法について福祉部長にお伺いします。

(福祉部長)
8月29日現在、「臨時福祉給付金」の発送件数は68,460件に対し、申請受理件数は41,400件で60.4%となっております。また「子育て世帯臨時特例給付金」につきましては申請書の発送件数は27,970件。これに対し申請受理件数は19,500件で69.7%となっております。また、申請受理後の支払い済み件数は「臨時福祉給付金」で433件、「子育て世帯臨時特例給付金」は438件です。8月末までに申請受理したものにつきましては、10月末までに全て支給完了する見込みです。

周知方法についてですが、どちらの給付金についても、国は申請期限を設定することとしております。
本市では12月1日を締め切り日としており、申請期限を過ぎると受付することができません。
したがって、広報ぎふや市のホームページをしてお知らせすることはもとより、市民の皆さんに触れるよう、小中学校、公民館、デイサービスセンター、地域包括支援センター等にチラシやポスターを掲示し、周知に努めて参ります。

 

2014年9月12日 | カテゴリー :