2013年06月 05.スタンプラリーを活用した岐阜市の観光振興について

 過去3月議会で、スマートフォンを活用したスタンプラリーを提案させていただきましたが、そのようなデジタル機器を活用した施策だけでなく、例えば関市では紙ベースでの文化財保護センタースタンプラリーが新聞で紹介されるなど、訪れる観光客が地域の施設をくまなく来てもらえるような工夫を凝らした取り組みが各都市で実施されています。 とりわけ岐阜市は市内に分散している観光施設の中心を長良川が流れており、観光ルートが分断された状態になっています。具多的には、岐阜城に来た観光客が長良川対岸の鵜飼ミュージアムに気づきにくい、また気づいてもそこまで行くのが面倒だと思われかねないのではないかと危惧する声もよくお聞きします。
市内の施設を一定以上まわると景品がもらえるといったスタンプラリー的な取り組みは一定の効果があるのではないかと考えますが、こうした取り組みについておたずねします。

(商工観光部長)
 昨今の観光振興策には、スマートフォンやタブレット端末などを活用した取り組みが増えてまいりました。
本市におきましても、ホームページやブログなどを活用して、観光情報を発信しているところであります。
 また、昨年からは岐阜観光コンベンション協会がソーシャルネットワークサービスの一つである「Facebook」ページを作成し、新たな手法により、タイムリーな情報発信も始めてきたところです。
 さて、スタンプラリーの取り組みといたしましては、現在、織田信長公の居城を巡る「信長夢街道スランプラリー」などを実施中であり、秋には県内沿道市町で企画されている「中山道」に関するスタンプラリーへの参加も予定しているところでございます。
また、議員ご提案の長良川周辺における周遊スタンプラリーにつきましては、「長良川おんぱく」
との連携も視野に実現に向けて検討してまいりたいと考えております。

2012年03月 03.スマートフォンを活用した観光振興策について

岐阜県においては既にスマートフォン上で動作する「セカイカメラ」というアプリケーションを使い、岐阜県内の観光名所の紹介に活用されているほか、四日市市ではもう少し工夫し、ポイントラリー制度を取り込んだスマートフォンのアプリケーション開発をし、ことしの1月19日から運用を開始しております。四日市ARスタンプラリーと名づけられたこのアプリケーションは、スマートフォンの地図上に表示された観光スポットをめぐるたびにポイントがたまると同時に、さらに、また、最寄りの観光スポットが地図上で紹介され、そこをめぐるとポイントがたまり、たまったポイントによって記念品を贈呈する仕組みになっております。本市でもIT機器を活用した観光誘客の取り組みをすべきではないでしょうか。


(商工観光部長)

スマートフォンなど多機能型携帯端末は急激に利用者が増加しておりますことから、それらが持つ機能を積極的に活用するアプリケーションが開発され、リアルタイムに観光情報を発信することができるようになってまいりました。新たなスマートフォンアプリケーションを活用した観光情報の発信について、関係機関と連携し取り組んでまいりたいと考えております。

2012年03月 04.長良川うかいミュージアム集客の取り組みについて

ことしの8月からは長良川うかいミュージアムが運営開始となります。本市としてもその集客に積極的に取り組むべきですが、例えば、長良川河畔のホテル宿泊客に喜んでもらえるような長良川うかいミュージアムの広場を活用した朝市の開催など企画してもいいのではないかと思いますが集客増に向けた取り組みをお尋ねをいたします。


(商工観光部長)

議員御提案のミュージアム朝市の開催など、当施設の名物となるイベントや季節に応じた催し物の企画開催により、リピーター対策を行っていく必要があると考えております。また、イベントの開催以外にも特に飲食スペースの活用については、魅力ある店舗の企画や特色あるサービスの提供を行うことにより、飲食だけでも来館してもらえるような施設運営が重要でございます。 8月1日の開館に向け、岐阜市としても集客に向けたさまざまな取り組みについて指定管理者と連携を図りたいと考えております。

2012年3月15日 | カテゴリー :